市町村アカデミー パンフレット(令和2年度)
2/16

2ごあいさつ日頃より、公益財団法人全国市町村研修財団の運営について、ご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。はじめに、昨年の台風や大雨災害で被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。そして現在も災害からの復旧と復興に取り組んでおられる自治体職員の皆様に敬意を表しますとともに、一日も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。また、各自治体におかれては、被災自治体への職員派遣など、様々なご支援をいただいておりますことに、厚く感謝申し上げます。さて、市町村を取り巻く環境は、人口減少と少子高齢化のさらなる進行、大規模自然災害の頻発、第4次産業革命の到来など、引き続き大きく変化し、地域社会の課題は多様化してきています。そうした中で、それぞれの市町村は、的確な分析力と長期的な政策の立案能力を備え、地域の実情を踏まえた施策の構築と、それを着実に実行していくことが期待されております。そのためには、これまで以上に意欲と能力・実力を兼ね備えた職員が求められます。当財団では、市町村アカデミーと国際文化アカデミーにおいて、市町村職員はもとより、首長、議員等を対象とした専門性の高い最先端の英知・情報を提供する研修を行っており、両アカデミーを合わせますと受講者は延べ26万人を超え、そのネットワークは全国に広がっております。引き続き、時代の変化に対応し、地域の活性化、住民福祉の向上、暮らしの安全・安心の確保など、多種多様な課題に適切に対応していくことができるよう、地域社会を担う人材の育成に全力で取り組んでまいります。今後とも、全国市町村及び関係機関の皆様のご理解とご協力を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。公益財団法人 全国市町村研修財団 理事長立 谷 秀 清(全国市長会会長 福島県相馬市長)ごあいさつ 2研修所について4研修所の情報発信5施設の概要  研修施設6  自主研究施設・宿泊(亦楽寮)・厚生施設 7研修の概要  令和2年度研修計画の重点事項8  研修課程・研修科目10     専門実務課程10     特別課程11     巡回アカデミー11研修日程一覧表12研修受講及び特別セミナー参加の手続・経費13研修の実績・修了者の声14研修所へのアクセス15目 次

元のページ  ../index.html#2

このブックを見る